タマンネガラ予約案内所TOPへ

タマンネガラ基本情報 

タマンネガラ(タマンヌガラ)とは?

「タマンネガラ(タマンヌガラ)」は、マレー語で国立公園の意(Taman=国立、Negara=公園)。
マレーシアを代表する最大の国立公園であるため、自体が固有名詞化されてこう呼ばれる。
マレー半島中部のパハン州、クランタン州、トレンガヌ州にまたがり面積は4,343K㎡にもおよぶ。
そこに広がる原生林は約1億3千年前からあるといわれ、世界最古クラスである。
その森には高さ50mを越えるフタバカキの大木、250種類もの鳥類、ゾウやトラを初めとする大型動物が生息する。
その公園の入口に宿泊施設があり、トレッキングや川下り、釣り、動物観察などが楽しめるようになっている。

フタバカキ枝ぶり

タマンネガラ基本情報

見どころ紹介

当サイトはリンクフリーです。
ご自由にリンクしていただいて結構ですが、できるだけリンク後ご一報ください。